全国少年団体戦に向けて

笠原です。
先週の稽古では7月10日に行われる全国少年団体戦の代表選手を決めるための学年別リーグ戦をしました。
防具稽古が始まり、そのことを子どもたちに伝えると、「よっしゃー!絶対勝つぞー!」と高いモチベーションで返事をしてくれました。

1年生は植杉輝行、涼松海光、山岸廉太郎の3人が戦いました。
輝行が軽快なフットワークの中で胴突きを決め、勝利をおさめました。

DSC_0670

2年生は松下依央、水津将輝、日下拓海の3人が戦いました。
この学年は3人とも同等の力を持っていますが、長期戦にもつれ込んだ時に最後まで強い気持ちを持ち続けた拓海が勝利をつかみました。

DSC_0680

3年生は北原柚陽、鈴木翔也の2人が戦いました。
柚陽はこのところ家での努力がすごく感じられ成長がみられましたが、翔也の速い胴突きが決まり翔也が勝ちました。

DSC_0684

4年生は林龍之介、鳥越祥惟、鈴木敦也、日下大地の4人が戦いました。
龍之介はこの日怪我があったのか少し調子が悪かったです。祥惟も力を伸ばし、1勝しました。敦也と大地がともに2勝0敗で戦い、長期戦の末、敦也の回し蹴りが当たり、敦也が勝利しました。

DSC_0687

5年生は近森勇佑、水津珠里の2人が戦いました。
珠里が試合開始早々にガンガン連撃で攻めていましたが、勇佑の遠いところから踏み込んでの面突きが決まり勇佑が勝利しました。

DSC_0688

6年生は工藤元、涼松光翼、松下雄海、日下太陽の4人が戦いました。
この日、6年生の4人はみんな自分から攻める姿勢を持って試合に臨み、ほとんどの試合が短期決戦でした。その中で雄海がすごい気迫と突きでいつも以上にインパクトのある試合を見せてくれました。結果、雄海が全勝で勝利しました。

DSC_0690

IMG_3476

全体的に試合を見て感じたことは、その時の気持ちの持ち方一つで試合がひっくり返るほど力の差が僅差であるということ。
そして、自分の拳法に対して問題意識を常に持ち、改善しようとしている人がよく伸びているということ。
何も感じずにただ試合をこなすだけでなく、一つひとつの試合から何かを感じ取り、自分自身の拳法をより良く進化させていく意識が大切であると思います。
全国少年団体戦に向けて、一人ひとりが変化を意識して高めていきたいですね。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックのご協力御願いします!!

_______________________________
ホームページ    https://byakkokai.com/

問合せ
メール  byakkokai@happiness-park-katano.com
TEL  副会長 西村まで 080-4142-2558

稽古場所
土曜日18時30分から  枚方市立長尾中学校
〒573-0161 大阪府枚方市長尾北町3-3-1

日曜日17時00分から  枚方市立招提小学校
〒573-1154 大阪府枚方市招提東町2-2-8
_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です