全日本少年大会終了

笠原です。

4月7日に全日本日本拳法少年大会がなみはやドームで行われました。

この大会は少年大会の中で一番大きい団体戦があります。

日本各地のチームが集結し、日本一を決める団体戦です。

午前中にも個人戦がありましたが、なかなか決勝トーナメントまで進むことができませんでした。

決勝トーナメントまで進んだのは小学2年生大下改騎、小学3年生の植杉輝行と薮昊輝、そして中学1年生の鳥越祥惟と大下流我でした。

その中でも輝行と昊輝は決勝トーナメントの2回戦まで進出し、活躍しました。

そして団体戦。

まずは3チームの予選リーグを勝ち残り、決勝トーナメントまで進出しなければなりません。

対戦表を見ると、毎年優勝候補となる大道のチームがいました。

一回戦は大道チームなんとしてでも勝って勢いに乗りたいところです。

結果は
瑛人0-2
改騎0-2
航大2-0
昊輝1-2
依央2-0
翔也2-0

三勝三敗でしたが、勝った航大、依央、翔也が一本も取られなかったことや昊輝が敗れたものの一本取ってくれたことに助けられ、本数差で勝つことができました。

二回戦は誠光会という愛知県の団体でした。白虎会とやる前に大道チームと戦いましたが、良い勝負をしていたので、白虎会の子どもたちも気が引き締まっている様子でした。

結果は
瑛人2-0
改騎0-2
航大2-0
昊輝2-0
依央不戦勝
翔也0-2

この試合は四勝二敗。航大と昊輝が怒涛の攻めで2-0で勝ったことに加え、一年生の瑛人の蹴りが2本決まり勝利し、切込隊長的な役割をしてくれたのが大きかったと思います。

これで予選リーグを突破しました。

次に決勝トーナメントです。

一回戦は三密会Aでした。ここも多数のチームに分散しているものの、超強豪チームなので子どもたちも緊張していました。

結果は

瑛人2-0
改騎1-2
航大2-0
昊輝1-2
依央2-0
翔也2-0

四勝二敗でしたが、強豪チーム相手に全員が一本を取ってくれたことが嬉しかったです。

これでベスト8進出です。

決勝トーナメント2回戦は中南勢会A毎年全国レベルの大会で名を轟かせている三重県の連合チームです。

結果は

瑛人1-2
改騎0-2
航大0-0
昊輝1-2
依央2-0
翔也2-0

二勝三敗一分で敗れてしまいました。
結果として全国ベスト8まで進出することができましたが、低学年、中学年、高学年それぞれ今まで稽古してきたことの成果と課題が見えたのではないでしょうか。

その結果として、水木会長がブログに書いているような姿勢で決勝戦まで集中して試合を見ることにつながったのではないかと思いました。

一昨年は予選リーグ敗退。

昨年はベスト16

今年はベスト8

来年は?

全体としての成長は目に見えてわかります。

来年こそは目指せ全国優勝!

次の旭の団体戦も楽しみですね。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックのご協力御願いします!!

_______________________________
ホームページ    https://byakkokai.com/

問合せ
メール  byakkokai@happiness-park-katano.com
TEL  副会長 西村まで 080-4142-2558

稽古場所
土曜日18時30分から  枚方市立長尾中学校
〒573-0161 大阪府枚方市長尾北町3-3-1

日曜日17時00分から  枚方市立招提小学校
〒573-1154 大阪府枚方市招提東町2-2-8
_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です