形と定石

ASAです。

先週日曜日、久しぶりに招提道場に行きました。
長尾道場では高段者が多く、防具を付ければ即実戦で、
しっかりした「受け」や「形」をじっくりとやることはあまりありませんが、
「受け」は大切なので、当日の防具稽古ではいつもの実乱稽古ではなく、
基本の「受け」の形稽古をやることにしました。

というのは、初心者の人から、高段者とやると攻撃しても全く当たらないし、
当たる気がしないとよく言われるからですが、
何故、当たらないかというと、高段者になればなるほど、無意識に、
低段者に自分の意思で自分の狙ったところを打っていると思わせ、
実は、高段者がさばきやすい場所を打せ、
得意とするパターンに誘い込んでいるからです。

囲碁や将棋には、「定石」というのがあります。
「詰め将棋」や「詰め碁」のように、その形にはまれば、
先に攻めてきた相手にも必ず勝てるというものですが、
囲碁や将棋をやる人は、その定石をいくつも覚え、組み合わせ、
「布石」、つまり、後でこのためだったのか、と気づかされるような、
一見無駄に思える手を何度も打ち、いつの間にか自分の定石に誘い込んでいく。

拳法も同じで、高段者は、闇雲に攻めるのではなく、
自分の得意とする技を決めるために、フェイントという布石を置き、
プレッシャーをかけ、相手が攻撃せざるを得ない状況に持って行き、
自己の「定石」、必勝パターンに持っていくのです。

では、拳法での定石とは何かというと、それは、一つ一つの「形」・・・・・
「受け」の形、「攻め」の形、「受け即反撃」の反復練習、
空手や少林寺では、これを毎回いやというほどやり、
身体に覚え込ませ、無意識に出るようになるまで稽古します。
空手等の経験者と一緒に防具稽古をするときがありますが、
防具を着けた日拳流の実戦でも、それぞれの「形」通りきれいに受けて、
技を返してくるのにびっくりするときがあります。

日本拳法は、防具のおかげで怪我をする心配がなく、
どうしても実乱撃が中心となり、「受け」や「形」がおろそかになりがちです。
特に、白虎会の高段者はそれぞれ癖があり、
自己特有の決め技に持って行くための「受け」や「さばき」に特化した人が多いですが、
初心者が、手っ取り早く自分の必勝パターンを作るには、
本来のそれぞれの「形」を知り、身につけることが最短だと思います。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックのご協力御願いします!!

_______________________________
ホームページ    https://byakkokai.com/

問合せ
メール  byakkokai@happiness-park-katano.com
TEL  副会長 西村まで 080-4142-2558

稽古場所
土曜日18時30分から  枚方市立長尾中学校
〒573-0161 大阪府枚方市長尾北町3-3-1

日曜日17時00分から  枚方市立招提小学校
〒573-1154 大阪府枚方市招提東町2-2-8
_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です