試合での戦い方(技術編)

副ヘッドコーチの山上です。

少年部は試合が多くなり、青年部はこれから試合が増えていくシーズンになります。

よく稽古では良い動きをするけど試合で勝てない選手がいてますが

同じ道場や同じ学校の人は手の内が分かって戦いやすいですが、

試合では相手の手の内が見えず後手後手になって負けてしまう事が多い人です。

試合で戦う相手は手の内が分からない人が多いので

どのように相手を探って攻撃をしかけていくかが重要になってきます。

相手の手の内を探るのに有効なのが前拳です。

前拳は

攻撃をするための起点

相手と間合いを図るための目盛り

相手の攻撃を防ぐ盾

と色んな役割をもっています。

高段者は前拳の使い方を非常に上手です。

青年部の低段者の人は高段者の前拳の使い方と前拳をどのように対処するかを学べば

高段者を倒す糸口が見つかると思います。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックのご協力御願いします!!

_______________________________
ホームページ    https://byakkokai.com/

問合せ
メール  byakkokai@happiness-park-katano.com
TEL  副会長 西村まで 080-4142-2558

稽古場所
土曜日18時30分から  枚方市立長尾中学校
〒573-0161 大阪府枚方市長尾北町3-3-1

日曜日17時00分から  枚方市立招提小学校
〒573-1154 大阪府枚方市招提東町2-2-8
_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です