面をつけての稽古

事務局長の北村です。

白虎会では、中1生の時から頃合いを見て面をつけての稽古が始まります。小6までは面なしでの稽古や試合だったので、文字通り面を喰らっている中学生がほとんどです。自分も初めて面をつけて稽古をした時、息がしにくくて視界も狭く慣れるまでは大変でした。大人でもそうなので、身体も小さく面をつけて稽古する中学生は、相当カルチャーショックを受けていることは簡単に想像できます。

小6の強い子どもたちは、面をつけるまで「永田さんやったら勝てる」という、活きのいいことを言う子がいます。「松下さんなんかちょろいで!」とか、影でディすっていることでしょう。自分も航生などからは、そう思われていたに違いありません。しかし、いざ面をつけて青年部の大人達と稽古をつけると、その考えが180度変わってしまいます。「えっ!永田さん意外と強いやん・・・」「あれ?全然勝てへん・・・」と言った具合に。これが、子どもたちにとって、第1の壁になるようですね。4月以降中学生になる雄海や太陽が面をつけての稽古が始まります。今から楽しみですね。

で、その子たちが高校生になると急激に実力をつけて、高3くらいになるとボコボコにされるということになります。そのうち、永田さんも、松下さんも、自分も、航生や誠玄、雄海、太陽などにボコボコにされる日が必ず来ます。木村友哉が良い例ですね。いずれにしても、そんな子ども達の成長を身にしみて感じられるのも、子どもからおっさんまで楽しめる日本拳法の良いところではないでしょうか。ボコボコにされる日まで、みっちりと稽古をつけてあげましょう。ね、永田さん、松下さん。

↑まず、この面に慣れるのが第一関門

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックのご協力御願いします!!

_______________________________
ホームページ    https://byakkokai.com/

問合せ
メール  byakkokai@happiness-park-katano.com
TEL  副会長 西村まで 080-4142-2558

稽古場所
土曜日18時30分から  枚方市立長尾中学校
〒573-0161 大阪府枚方市長尾北町3-3-1

日曜日17時00分から  枚方市立招提小学校
〒573-1154 大阪府枚方市招提東町2-2-8
_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です