ワイドグリップチンニング

匿名ブロガーXです。

コロナ禍においてもトレーニング頑張ってますか?
今日は懸垂についてです。

懸垂には自重のトレーニングとしては高負荷になります。
懸垂にも種類があります。

順手のプルアップ、逆手のチンアップ、手を広げるワイドグリップです。

懸垂は広背筋を中心に鍛え上げますが、プルもチンもワイドも大きな違いはありません。

しかし、ワイドの難易度は段違いです。
なぜなら広背筋の収縮を意識しなくては、上がりません。
しかし、広背筋への効果も段違いです。
普通のプルやチンだとどうしても腕や肩の力で上げてしまいがちなので、負荷が分散されてしまいます。
鍛えれば背中に鬼の顔が宿ると信じる我が家の長男…
しかし、広背筋を収縮させて身体を上げるなど、普通に生活していれば使うことは無いので、なかなか出来ることでは無いのです。
なので、大抵は出来るようになる前に諦める人が多いのですが、その場合は補助についてあげましょう。

ゆっくりと下から押して上げつつ、自分の力で上げる感覚を身に付けさせます。

補助無しの場合は一度上げてから、手をワイドにしてゆっくりと下げることも効果的ではないでしょうか?

懸垂は引きのトレーニングです。
広背筋も引く筋肉ですので、どちらかというと打撃格闘技よりグラップリング系格闘技に直結します。
しかし、打撃においても強く速い後拳を撃つには、逆の前拳を引く力が必要ですし、突きの極めの際の止める力、突きの衝撃に耐えて、撃力を相手に伝えるには、どうしても必要な筋肉になります。

とはいえ、無理にワイドでやる必要も無いと思います。
拳法やる上で腕を広げて引くような動きは無いので、普通のプルやチンでも十分だと思います。
余裕があるなら、ワイドグリップも試してみてはいかがでしょうか?

これぞワイドグリップチンニング⁇

因みにこちらは長男が編み出したサンドバッグをよじ登る謎のトレーニング…

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックのご協力御願いします!!

_______________________________
ホームページ    https://byakkokai.com/

問合せ
メール  byakkokai@happiness-park-katano.com
TEL  副会長 西村まで 080-4142-2558

稽古場所
土曜日18時30分から  枚方市立長尾中学校
〒573-0161 大阪府枚方市長尾北町3-3-1

日曜日17時00分から  枚方市立招提小学校
〒573-1154 大阪府枚方市招提東町2-2-8
_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です