声を出す大切さー2(練習編)

山上です。
前回触れられなかったので今回はタイトルに沿って話をします。
日拳に限らずスポーツをするうえではとても大切な事と思います。

私が高校の時に所属していた柔道部では練習中に声が出ていないと練習メニューが増えるというシステムだったので必死で声を出していました。
おかげで大学の練習や白虎会の練習でも意識して声を出していたと思います。

スポーツを経験していない人や子供などは慣れていないのか恥ずかしいせいなのか声を上手く出せない人が多いです。普通に生活をしていたら大声を出す事はあまりないので仕方がないとは思います。
最近では笠原主将が子供に対して大きな声であいさつをさせているのを見て素晴らしい事をさせていると思って見ていました。

私も大学で教えている時は学生に声を出すように指導しています。
声を出す利点はまず練習に活気が出る、練習に活気が出ると士気が上がる、また士気が上がると怪我の防止や練習中の集中力向上に繋がると私は考えています。

ですので練習するときは強くなるためにも、怪我しないためにもしっかり声をだして練習しましょう。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックのご協力御願いします!!

_______________________________
ホームページ    https://byakkokai.com/

問合せ
メール  byakkokai@happiness-park-katano.com
TEL  副会長 西村まで 080-4142-2558

稽古場所
土曜日18時30分から  枚方市立長尾中学校
〒573-0161 大阪府枚方市長尾北町3-3-1

日曜日17時00分から  枚方市立招提小学校
〒573-1154 大阪府枚方市招提東町2-2-8
_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です