子供の脳について

匿名ブロガーXです。

本日は子供と脳について。

日本拳法の少年ルールでは面への直接打撃は禁止されています。

これは子供の脳へのダメージを回避するためには必要だと私は思いますが、子供と大人の脳の違いについてお話しします。

子供の脳は成長と共にどんどんと大きくなり、脳に押されるようにして、頭蓋骨が大きくなります。

大人は歳を重ねれば、どんどんと脳に隙間が出来ます。

大人は脳に余裕があるのですが、子供の脳は頭蓋骨にパンパンに詰まっていることになります。

このような余裕の無い状況ですので、脳内で出血すれば、大人以上に重篤な状況になる可能性が高いのです。

例えばサッカーでは30年以上前から、子供のヘディングの危険性を指摘されていました。

ヘディング一回するたびに脳震盪に近い状態になるそうです。

イギリスでは11歳以下のヘディングを禁止、12歳以上でも必要最低限とガイドラインを設けました。

また、大人だからとて安心ではありません。
防具をしていても当然、脳にはダメージが残ります。
ダメージを受けた日は、おとなしく休んで回復させましょう。
お酒もなるべく控えましょう。

とはいえ、大人は自己責任です。
しかし、子供は違います。

格闘技は危険が前提ですが、だからこそ、安全に気をつけて楽しく稽古したいですね。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックのご協力御願いします!!

_______________________________
ホームページ    https://byakkokai.com/

問合せ
メール  byakkokai@happiness-park-katano.com
TEL  副会長 西村まで 080-4142-2558

稽古場所
土曜日18時30分から  枚方市立長尾中学校
〒573-0161 大阪府枚方市長尾北町3-3-1

日曜日17時00分から  枚方市立招提小学校
〒573-1154 大阪府枚方市招提東町2-2-8
_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です