指導する方と指導される方

会長の水木です。

人に何か技術を指導するということは、指導する方も指導される方も
お互い成長ができるものなんだと最近よく実感します。

拳法の指導もそうなんですが、私の場合仕事でもセミナーの講師をすることが
多いのですが、人に技術を指導するということは難しいです。

もちろん自分自身もいろいろ経験を積んで、勉強してやっと講師をする立場になりますが
実際のところ完璧な知識をもって講師をするということはほとんどなく、
セミナーを実施しながら、お客さんからの質問に対応ししながら成長していくことが多いです。

あと、指導するということはその物事を深く洞察して追及していくということでもあります。

人に教えることであいまいだった理論などが整理されて、より深い理解に達するという
ことはよくあります。

拳法の指導でも同じです。

高段者という立場から、子供の指導、青年部の指導を行いますが、
突きや蹴り、組み技などを指導すると教えている過程で
その技について深く考えることができ、整理されるので
また新たな発見でき、自分の技の向上につながるということがよくあります。

指導されて、教わる人は、何か教えてもらって悪いなと思うことも
あるかもしれませんが、教えている方も成長しているのだと
いうことも知っておいてほしいです。

新入部員の人やもっと強くなりたい人は、
高段者にはどんどんわからないことは聞くようにしてください。

そうすることでみんなが成長できるのです。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックのご協力御願いします!!

_______________________________
ホームページ    https://byakkokai.com/

問合せ
メール  byakkokai@happiness-park-katano.com
TEL  副会長 西村まで 080-4142-2558

稽古場所
土曜日18時30分から  枚方市立長尾中学校
〒573-0161 大阪府枚方市長尾北町3-3-1

日曜日17時00分から  枚方市立招提小学校
〒573-1154 大阪府枚方市招提東町2-2-8
_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です