春木屋理論

ASAです。

以前にも書きましたが、私は、ラーメン大好きで、
今でも三日に1回は必ずラーメン屋に行きます。
そして、気に入ったラーメン屋を見つけると、
気が済むまで通い詰めますが、ある日、突然飽きるというパターン・・・・・

話は変わりますが、「春木屋理論」というのご存じでしょうか。
これは、東京に「春木屋」という有名なラーメン屋があり、そこは
三角のりとチャーシュー,メンマ,ねぎと見たは目シンプルな中華そばで、
スープが抜群に美味いというラーメンを出してくれるのですが、
常連客からは「この店の味はいつも変わらないね。」
と言われているとのこと。
しかし、実は、ここのラーメンの味は、常連客が言うように
昔ながらの味を頑なに守っていて、全く変わらないのではなく、
季節やその日の湿度によって麺の太さを調整し、
夏は細め、冬は太めにする等徐々に変えていっているとのことなのです。

この店の主人の主張は、いろいろな美味いラーメンが出てきて競争が激しくなり、
客の舌が肥えてきた中、同じものを出していたら、必ず味が落ちたと言われてしまう。
ベースになる味は変えずに、客の舌の一歩上の味を出しつづけていくこと。
それが「変わらない」と言われる秘訣で、味に飽きられないためには
常連客に気づかれることなく、微妙にその味を変えていかなければならないということ。
これが、いつしか「春木屋理論」と呼ばれるようになったとのことです。

なるほどなと思います。昔食べたときはとても美味かったけど、
久しぶりに食べるとアレッと思うことはよくあります。

変わらないと言われるためには、そこに止まるのではなく、
少しずつでも進化していなければならない。
一度成功したものでも同じ事をしていたらだめだということ。

何にでも通じることで、言うのは簡単ですが、とても難しい・・・・・
たかがラーメン・・・・・ですが、奥が深いですね。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックのご協力御願いします!!

_______________________________
ホームページ    https://byakkokai.com/

問合せ
メール  byakkokai@happiness-park-katano.com
TEL  副会長 西村まで 080-4142-2558

稽古場所
土曜日18時30分から  枚方市立長尾中学校
〒573-0161 大阪府枚方市長尾北町3-3-1

日曜日17時00分から  枚方市立招提小学校
〒573-1154 大阪府枚方市招提東町2-2-8
_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です