膝について


匿名ブロガーXです。

先週の稽古においては構えにおいて膝を軽く曲げることを紹介しました。

膝を曲げることの利点について簡単にお話します。

膝を曲げる角度は拳法のスタイルによりますが、膝が伸びきっていてはダメです。

他のスポーツの構えを見ても、素早く動くため、力強く動くために膝が曲がっていることが多いと思います。

野球のバッターや守備、特に内野手は強い打球に素早く反応するために深く腰を落とします。
サッカーやバスケ、オフェンス、ディフェンス問わずに腰を落とします。
バレーボール、テニス等も同じくです。
膝が伸びてる状態は、いわゆる棒立ちです。

人の動きは膝の動きが重要です。
武道によっては袴を履いて膝の動きを悟られないようにすることもあります。

膝が伸びきっていると、伸びきった状態から膝を曲げて動く必要があります。

最初から曲がっていれば、その分短縮出来るわけです。

また、膝が伸びていると重心が高くなり、膝で相手の力を吸収出来ないのでバランスが悪くなります。
さらには、顔面に突き等をもらった際にダメージが膝から抜けません。
膝はサスペンションのような役割もあります。

青年部では直接打撃かつ組技もありますので、膝は特に重要になりますね。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックのご協力御願いします!!

_______________________________
ホームページ    https://byakkokai.com/

問合せ
メール  byakkokai@happiness-park-katano.com
TEL  副会長 西村まで 080-4142-2558

稽古場所
土曜日18時30分から  枚方市立長尾中学校
〒573-0161 大阪府枚方市長尾北町3-3-1

日曜日17時00分から  枚方市立招提小学校
〒573-1154 大阪府枚方市招提東町2-2-8
_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です