生兵法は怪我の元

ASAです。

この前、某武術の演武を見る機会がありました。
対凶器・・・・・見事にさばいていきます。
しかし、達人は実戦でも刃物を簡単にさばけるのでしょうか・・・・・

日本拳法に限らず、若い頃に格闘技を始める動機というのは、
単純に、強くなって喧嘩に勝ちたいからとか
護身術にという人が多いのではないかと思います。

確かに、喧嘩では、素手ということを大前提とすると、
何らかの格闘技をやっている者が断然有利です。

しかし、武器を持たれるとどうでしょうか・・・・・
昔から、剣道三倍段で、剣道初段に対しては、素手の武道は参段以上でないと
相手にならないと言われてますが、そのことは、素人に武器を持たれても同じで、
それが竹製の武器ではなく本物の刃物であれば、その差は歴然で、問題外・・・・・
短いナイフでも同じです。

演武は、あくまでも突かれる部位や軌道がはっきりとわかっていて、
お互いが、その練習を何回も繰り返した結果、
もし、フェイントをかけられたり、軌道を変えられたりすれば、
本物の刃物を無傷でさばくのは無理・・・・・

実際、防具を着け、模擬ナイフを持った相手と稽古したことがありますが、
ナイフは、面、胴、グローブ等の防具に当たった場合だけを有効とする等
ルールを決めていても素手は圧倒的に不利で、
急所は何とかカバーできても、それ以外のところは突かれ放題・・・・・
本物の刃物であれば、近づくことすらできないと思います。

はっきり言って、どんな格闘技の達人でも、よっぽどでないかぎり
本気で刺そうと思っている刃物を持った者を相手に
無傷で勝つことは絶対に無理だと思いました。

もし、知らない人に絡まれたら・・・・・
いくら勝てると思っても絶対に挑発に乗らないこと。

もし、刃物を出されたら・・・・・
とにかく、近くにある物を何でもいいから持って盾とする。
後は、それを投げつけて、隙を見て全力ダッシュで逃げる。
これが最高の護身術・・・・・

自分は武道をやっているから大丈夫、
小さなナイフだからさばける等・・・決して思わないこと。

状況を冷静に判断し、感情をセーブできる精神力を養いましょう。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックのご協力御願いします!!

_______________________________
ホームページ    https://byakkokai.com/

問合せ
メール  byakkokai@happiness-park-katano.com
TEL  副会長 西村まで 080-4142-2558

稽古場所
土曜日18時30分から  枚方市立長尾中学校
〒573-0161 大阪府枚方市長尾北町3-3-1

日曜日17時00分から  枚方市立招提小学校
〒573-1154 大阪府枚方市招提東町2-2-8
_______________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です